火災保険は台風・水害・雪災・落雷でも使えるって知ってますか?

火災保険と地震保険

 

今回は、災害時の保険の話です。

保険って面倒で放置しがちですが、声を大にして言いたい……

知らないと損することがたくさんありますよー!!

防災ブログですので災害時の保険について書きますが、どこの保険会社がいいとか、おすすめの保険ではなく、

せっかくの保険を無駄にしないための知識

をお伝えしますので、今加入している保険をぜひ確認して下さい。

知らないとホントに損です!

 

災害時に使える保険は「火災保険」と「地震保険」

「火災保険は火災用で、地震保険は地震用でしょ?」という方は要注意!

私もかつてはそう思っていましたが、あらゆる自然災害をカバーする保険がこの2つなんです。

どんな時に使えて、どんな時に使えないのか、ぜひ知っておいてください。

 

火災保険は火事だけじゃない!自然災害や子供が割った窓ガラスまで対応

わが家も住宅購入の際に火災保険に入りましたが、驚いたことがたくさんありました。

火事のための保険と思いきや、

  1. 火災(火事や爆発)
  2. 風災(台風や竜巻)
  3. 水災(大雨による浸水)
  4. 雹(ひょう)災・雪災

も補償してくれます。

他にも

  • 破損(誤って窓ガラスを割ってしまった、テレビを移動しようとして落とした)
  • 盗難(空き巣による被害)
  • 車で車庫入れに失敗してガレージを傷つけてしまった(車ではなく車庫が対象)
  • 排水管の破損で壁紙や床を張り替えた

といった補償もあります。

この時点で「えー!そうなの?」と驚いた方も多いと思います。

ただし、加入している保険によって「プランに含まれていない」とか、「オプション契約が必要」という場合があります。

だからこそ、今入っている保険を知るところが大切です!

 

あなたの保険が補償してくれるのは何?補償範囲に注意!

保険って高いですよね……

しかし火災保険は自分の好きなように組み換えができ、補償の範囲を狭くすれば保険料がお安くなります。

例えば「建物」だけを補償するのか、「家財(家具や家電など)」も補償するのかによって保険料が変わります。

特に大きいのは「水災を対象にするかどうか」

水災を対象から外すと保険料はおよそ半分になります。

お安くなるからといって水害を対象から外した場合、当たり前ですが

  • 河川の氾濫
  • ゲリラ豪雨による洪水
  • 高潮、集中豪雨による土砂崩れなど

は補償されません。

特に近年、水に関する自然災害が増えていますよね。

「このあたりで水害はないだろう」と、なんとなく水災を対象外にしている方は、ハザードマップで災害のリスクをもう一度見直してみましょう!

チェックしておきたいこと

今入っている火災保険は

  • どんな被害を受けたときに補償される?
  • 補償されるのは建物?家財?
  • 災害以外の日常の補償はある?

 

火災保険の請求を忘れていませんか?期限は3年です

火災保険の保険金の請求は、被害発生から3年です。

破損や汚損も補償範囲に入っていれば

「子どもが部屋でボール遊びをしてテレビをこわした」

「飲み物をこぼしてパソコンが壊れた」

「家具を移動してい壁に穴があいてしまった」

なども対象になります。

修繕後でも請求はできるようですが、被害がわかる写真や請求書(見積書)が必要なようです。

中には「ブログに画像残っていた」ということで保険金が入った方もいらっしゃいました^^

ちなみに保険金の使い道は自由なんですよ!

保険金を受け取ったらその後の保険料が上がるんじゃ……ということは心配なく。

火災保険は何度使っても保険料が値上げされることはありません^^

 

火災保険を請求する際の大・大・大注意!!

火災保険について調べていると、保険金請求申請代行業者の広告がたくさん出てきます。

内容は、「素人が火災保険の請求をしてもなかなか支払われない。我々プロがあなたに代わって請求すれば、こんなに保険金が受け取れます!」というもの。

申請代行は違法ではありませんが、

  • 怪しいと思って解約しようとしたら解約金を請求された
  • 経年劣化は対象外なのに、隠して請求すればバレないからと口止めされた
  • コンサルタント料として高いお金を取られた

といったトラブルが相次いでいるようです。

「無料で見積ができるから屋根をみせてほしい」と持ち掛け、わざと屋根を壊して保険金を請求する悪質な業者もいるようですので注意してくださいね。

 

地震保険は地震・噴火・津波の被害を補償してくれます

地震保険は

  • 地震や噴火により家に被害を受けた
  • 津波によって家が流された
  • 地震による土砂崩れで家が埋まった
  • 地震によって火災が発生して家が火事になった

など、地震噴火津波によって被害を受けた場合に適用されます。

地震保険単体では契約することができず、火災保険に入ったうえで加入が必要です。

今入っている火災保険に、いつからでも付けることができます。

 

地震が原因の火災は火災保険の対象外! 

知らない方が多いようですが、火事であっても「地震によって起きた火災」は火災保険の対象外なんです。

細かいことを言うと、火災保険に「地震火災費用特約」がついていれば全く保険金が出ないわけではありませんが、「保険金額の5%程度」ですので家の再建に足りるものではありません。

地震の火災は「地震保険」ですよー!

 

地震保険はどの保険会社でも内容は同じ

火災保険と違い、地震保険はどの保険会社も違いがありません。

法律に基づいて政府と損保会社が共同で運営しているからです。

しかし人によって保険料は違います。

理由は

  • 都道府県による違い
  • 家の構造による違い(地震に強い方が払う額が少ない)
  • 契約年数によって割引率の違い(最長5年で長いほど割引あり)
  • 火災保険の保険金額による違い(地震保険の補償額は火災保険の補償額によって決まるため)

が挙げられます。

 

「地震保険料控除」で税金を軽減!申請をお忘れなく

年末調整や確定申告で「地震保険控除」の手続きをすると、所得税と住民税がお安くなります。

いくらお安くなるか気になる方のために、こちらのサイトの一例をあげておきます。

こちらの例では「1年に支払う地震険料3万円に対して、所得税6,000円、住民税1,500円、合計で7,500円税金がお安くなる」という計算でした。

念のために付け加えますが、年収や保険料によって違います。

地震保険に入っている方は、申請を忘れずに!

ちなみにうちの主人は2年連続で申請を忘れたことがあります(怒)

 

火災保険・地震保険が2022年10月に値上げ!見直しはその前に

火災保険も地震保険も、近年は1~2年のペースで値上げされています。

保険料の値上げをテレビで報道されるのを見たことがないので驚きますよね^^i

そして今年2022年10月、再び改定があります。

火災保険は値上げ、さらに今まで長10年契約できたものが、5年までと短くなります。

地震保険は都道府県や建物の構造によって「値下げになる人」と「値上げになる人」がいます。

10月に保険料が上がるということは、今が一番お安い時ということになります。(地震保険は改定後の方がお安い方もいます)

実は火災保険って、満期を待たなくても「乗り換え」ができるんですよ。

満期までの保険料も戻ります。(金額は解約した時期などで違います)

 

見直しが必要?火災保険の保険料はこんなにも差が出ます!

保険会社によって、保険料はぜんっぜん違います!

実は私、友人が勤める保険会社で火災保険を契約をしたのですが、保険料が高い……義理人情で契約したことを後悔しています。

(ノд-。)

ちなみに保険料にどれくらい差が出るのか価格.comのシュミレーション使用してみます。

火災・風災・水災を補償、5年契約した場合

A社 84,370円

B社 106,480円

C社 132,440円

A社とC社で48,070円の差が出ました^^i

1.5倍ですよ!

火災保険の見直しをするなら「値上げ前」に「いくつかの保険会社で検討する」のがおすすめ……

とは言うものの、保険の検討って面倒ですよね(笑)

そんな方は保険の比較ができる「保険ショップ」に相談するのがおすすめです。

保険ショップの例を1つ挙げると、2年連続オリコン顧客満足度No1の『保険クリニック』

火災保険であれば10社以上の取り扱いがあって、その中から価格や補償内容など自分に合った保険が選べます。

(無理な勧誘は一切いたしませんって書いてある^^)

公式ホームページはこちら⇒保険クリニック

 

ちなみにおすすめ「しない」方法もご紹介しておきます。

ネットの一括資料請求や無料見積です。

主人の知り合いがネットの無料見積りに登録したところ、光の速さで営業電話がめっちゃかかってきたそうです……

「資料請求だけなら」と思っても、保険に詳しくなければ自分で保険資料の内容を読み解くことは難しいため、一括資料請求はおすすめしません。

 

まとめ

以前郵便局の保険のアンケートに答えていたら、「スラスラ答えられてすごいですね。ご自分が入っている保険のことを詳しく知っている人は本当に少ないんですよ」と言われました。

今加入している保険がどんなものかを知っておかないと、受け取れるはずの保険金の申請もれがおきてしまいます!(←超大事!)

さらに「保険金を請求したのに補償の対象外だった!」という未来も考えられます。

そうならないために、まずは自分の加入している保険を正しく理解するところから。

満足な内容であればそれでOKですし、必要があれば値上げ前に見直しをするのがベストです!

それではみなさん、よい防災を!

(*Ü*)ノ"

生命保険 見直し

-防災日記

Copyright© 防災グッズと非常食を備えるママのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.